親分との適性

役割に対して、大切なことはボスとの性質ではないでしょうか。

個人誰しも自分に当てはまるボスといった出逢いたいものです。

但し、いよいよそうは叶いません。気の合わないボスと出会った時は陳腐で
ものすごく気分の乏しいチャレンジをします。ときにはトラウマになる場合もあります。

自分が経験したことを書きたいと思います。

とある商社に転職したときのはなし。
ボスは50価格紳士でした。

課長だったのですが、苦しい言葉をよく使う先入観がありました。

難題は役割が終わってからでした。

飲みに誘われて、居酒屋へ赴き、そこから亭主の本質を見分けることに。

自分はウーロン茶を頼みました。

ボスはビールを7ニュースぐらい呑み、寄ってました。

そうして言い放ちました。「さんは世代棒高すぎる!」

まだ転職して間もない自分において世代棒が厳しいって。。
いかなる逆鱗してるんだと思いました。

事後、そこにふと同席していた会社関係の人から
ボスは注意されたようです。

その会社は辞めましたが、今でも思い返すと気分が悪いだ。

応対は人の本質を現します。きちんと耳に入って来た言い方はマジ人間を傷つけます。

役割において、不愉快ことがあったシーン、前もって周りにネゴシエイションした方が良いでしょう。
平等なフィードバックを聴いて、何が正しいかボスが言ってることは正しいかを
一概に識別しておくべきです。

ボスとの性質以前に、そのボスの意思をそれほど識別し
対応することが大切です。浮気調査 探偵