子宮の病気は遺伝する?しない?

最近では、『子宮の病気』は遺伝しないという説が有力ではないかと言われています。

ただ、専門家の中でも遺伝するという意見と、遺伝しないという意見が分かれています。

ハッキリと遺伝するものなのか、しないものなのか解明されていないというのが現状です。

『子宮の病気』は遺伝しないという説が有力と言われてはいるものの、アンケートなどを行うと、家族に『子宮の病気』を患った人がいる場合の方が、『子宮の病気』になる確率が高いことが窺えます。

でも、これは、『子宮の病気』が遺伝しているというわけではなく、家族は食生活が似ているからだと考えられています。

日本人は、元々は子宮筋腫などの『子宮の病気』になる人が少なかったそうです。

しかし、戦後、欧米文化が入ってきた頃から子宮筋腫などになる人が増えて、近年では、日本人の女性の4人に1人は子宮筋腫になると言われています。

つまり、日常的に食べる料理が欧米化していると、子宮筋腫などの『子宮の病気』になる確率が上がるのではないかと考えられているのです。
妊娠線、肉割れなら恵比寿で炭酸ガス治療が効果的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です